船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

AIM BlogあいむBlog

多頭飼育の届出義務について

船橋市動物の愛護及び管理に関する条例」が一部改正されています。

啓発ポスター.jpg

-----------------------------------
上記に伴い、令和3年7月1日から施行されている旨の告知と各動物病院への啓発のお願いが船橋市から市内の動物病院宛に来ています。

船橋市は平成15年の中核市(※)への移行に伴い、動物の飼い主に対する指導や動物による人等への侵害防止などに関する事項を定めた条例を”独自”に制定しています。

この「船橋市動物の愛護及び管理に関する条例」は、同様な内容を持つ千葉県条例とは別のものです。こうした日本全国の各自治体で似たような条例が乱立する構図は一般にはちょっと分かりにくいですが、その理由は下記のようです。。。

(※)ご参考までに、中核市とは?
人口20万人以上がその指定要件とされており、船橋市は中核市に指定されています。
ところで、船橋市の人口は既に60万人超で、より上位の政令指定都市の50万人という基準をも上回るため、実は中核市の中では日本で一番人口が多いそうです。

では、中核市になると?

さまざまな事務権限が都道府県からに移されることによって、許認可や事務処理を市が独自に行なうことができるため、事務処理の短縮など行政運営を効率的に行なえるようになる、ということです。

この事務権限のうち、保健衛生に関するものとして保健所の設置などがあるようですが、動物愛護に関する市の条例もこうしたしくみの元で千葉県から委託されているものですので実際は同じモノです。

当院の診療圏は船橋市市川市にまたがっておりますが、中核市船橋では「船橋市動物愛護及び管理の条例」が、そうでないお隣の市川では「千葉県動物愛護及び管理の条例」が適用されるという見かけ上ややこしいことになっています。

-----------------------------------
さて、著しく脱線してしまいましたので本題に戻ります。

今回の一部改正では新たに「飼い猫の屋内飼育」に勤めることの記載、並びに「多頭飼育の届け出」の新設に関する変更がありました。

この条例の改正後の目的は以下のようにその趣旨がまとめられています。

●「人と動物との調和の取れた共生社会」実現への取り組み
●動物を飼う前に考慮すべきことを明記
●動物の飼い主が遵守すべき義務の強化
●犬猫を合わせて10頭以上飼う場合の届け出の義務

上記の詳細な内容は下記リンクをご覧ください。(船橋市のHP)
>船橋市動物の愛護及管理に関する条例が改正されました

条例内容.jpg

-----------------------------------
もともと、地方公共団体の動物に関する条例は上位に当たる国の法律「動物の愛護及び管理に関する法律」の内容を超えるものではありません。
また、取り締まりを担当する行政機関がないために拘束性に乏しく努力義務を謳うことがほとんどであり、この点は船橋市においても例外ではありませんでした。

こうした中で、今回の条例改正で目を引くのは「多頭飼育の届け出」義務とそれに反した場合の科料(罰金)に関する変更です。
市からの案内パンフレットの内容の多くが割かれており今回の条例改正の目玉であると思われます。(詳細は下記外部リンクまで)
>犬・猫を合わせて10頭以上飼う方へ

多頭飼育の届け出.jpg

科料の有無のみでは測ることはできませんが、今回の改訂においては多頭飼育にまつわる社会問題を未然に防ぐという目的として地方自治体がそれだけ重きを置いていることの表れではないでしょうか。

なお、上で書いたように船橋市など中核市以外においても県内であれば「千葉県動物の愛護及管理に関する条例」、その他都道府県でもそれぞれにおいて同様の義務および科料の規定がありますのでご注意ください。

-----------------------------------
文責:あいむ動物病院 西船橋
   井田 龍

迷子猫の情報を求めています

※ 迷子猫の情報を求めています ※

ポスター.jpg

image0.jpeg image1(2).jpeg

2021年6月に船橋市西船橋3丁目近辺から行方不明になっています。
3ヶ月以上経過した現在も見つかっておりません。
何らかの情報がありましたら、写真中の携帯電話番号もしくは下記までよろしくお願い致します。

●あいむ動物病院 西船橋
 047-402-3700

●情報元
 https://twitter.com/1rexpw23vhjlj24?s=21

新任獣医師のご紹介

DSC_nakano.JPG

○中野 正大(なかの まさひろ)

------------------------------------------------

2021年8月から勤務している獣医師の中野正大です。

大切な家族である動物に、医療の側面からお手伝いさせていただきます。

動物の健康について何か不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

どうぞこれからよろしくお願いします。

新任獣医師のご紹介

DSC_5825 (1).JPG

○安田 聖那(やすだ せいな)

------------------------------------------------

2021年5月より当院にて勤務しております、安田と申します。

神奈川県の獣医大学を卒業後、ご縁があり再び地元千葉県に戻って参りました。

幼少期から様々な生き物と触れ合うことが大好きで、中学生の頃の動物病院での実習をきっかけに獣医師を志すようになりました。
現在は犬1匹、猫1匹と一緒に暮らしています。

丁寧に動物たちやご家族のお気持ちに寄り添えるような診療を心がけていきたいと思います。
日々精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

中秋の名月2021

本日令和3年、9月21日は「中秋の名月」でした。

千葉県船橋市ではうまい具合に天気予報が外れ、透き通った夜空に素晴らしい中秋の名月を望むことができました。(下写真)
ご覧になった方も多かったのではないでしょうか?

今年はなんと8年ぶりの満月での中秋の名月でした。

中秋の名月2021.JPG

-----------------------------------
ところで、「中秋の名月」とは昔からよく聞くけれど、なぜこの時期にあらためて月を見たりするのでしょうか。

多くの日本人にとっては人生に刷り込まれているほどのイベント?なので、当たり前すぎてそれ以上詮索することをやめてしまっているのかもしれません。

実は我が国での中秋の名月を愛でるという習慣の起源は古代の中国であり、彼の国ではこの日を月を祀る日として満月を鑑賞する風習があったそうです。
この習慣は現在の中国にも残っていて「中秋節」と呼ばれており、祝日にもなっています。秋(旧暦7~9月)の真ん中なので「中秋」の意味で、これが中秋の名月の由来となっています。

この風習が平安時代に日本にも伝わり、当時の貴族が月見の宴を催すようになったのが我が国での中秋の名月の起源とされています。
もともと日本でもこの日の月を「芋名月」という里芋をお供えする収穫祭があり、そうした在来の文化と融合して日本化しつつ、江戸時代以降に庶民の間に広まったそうです。

otsukimi_family[1].png
-----------------------------------
そもそも「中秋の名月」とは、太陰太陽暦旧暦)の8月15日の夜に見える月のことを指します。
太陰太陽暦は、明治5年まで日本で使われていた古い暦のことで、月の満ち欠けをもとに1カ月の日付が決められていました。

本年度2021年は、旧暦での8月15日が9月21日に当たります。振り返ってみると昨年2020は10月1日でした。

え、何でこんなにズレるの?

ほとんどの方はそう思うに違いありません。

この旧暦8月15日が今の暦に置き換えるといつなのか、一体いつお月見をいつしたらいいのか?
月の運行とは関係のない太陽暦(グレゴリオ暦)にどっぷり浸かっている我々にはなかなか難しいのが現実です。

まあそんな理由で、今日は中秋の名月だと突然聞いて都合がつかないとか、"昨晩は綺麗な満月でした"、などと過去形としてニュースで知らされるという残念なできごとに多くの方がもやもやしているはずです。

現在の暦に換算すると「中秋の名月」の日付はかなりばらつきがあり、下表のように2001〜2030年の間で9月8日〜10月6日の間を行ったり来たり、おおよそ一ヶ月の範囲でズレてしまっています。
「中秋の名月」が”いつだかわからない問題”の原因はまさにコレではないしょうか。

来年の中秋の名月がいつなのか?

しっかり備えるために是非ご覧になっておいてください。(笑)

スクリーンショット 2020-10-01 22.48.59.png
※上記の表は国立天文台のサイトから引用しました。

-----------------------------------
ところで、中秋の名月に関して、実は今の暦と旧暦、月齢とのズレの関係で必ずしも「中秋の名月」=「満月」ではないとか。半数くらいは微妙に満月未満のこともあるようです。

本年度2021年は、実に8年ぶりとなる満月での中秋の名月でした。

昨年、2020年の中秋の名月で見られた丸いお月様はよく見ると満月ではなく、一歩手前の月齢14.0でした。
本物の満月は実は1日遅れの翌日10月2日だったそうで月齢は15.0となります。

あまり違いはないですが、なんだかモヤモヤしますよね。

その理由は?。暦と月齢の問題だそうですが。。。
詳しく深層をお知りになりたい方は下記の国立天文台のサイトをご覧ください。
>名月必ずしも満月ならず

DSC_3532.JPG
上の写真は昨年の中秋の名月です。
松の木をアクセントに右上の月と火星(左上)がとてもキレイでした。

-----------------------------------
文責:あいむ動物病院西船橋
   井田 龍

新しい看板

長らく当院の”顔”として働いてくれた、当院ロードサイドのオレンジの看板を新装いたしました。
下写真、旧来の看板は14号線を西船橋駅方面へのおびただしい数の車両に、長らく当院の存在をアピールし続けてくれた、いわば”影の立役者”とも言える存在でした。

補修を重ねつつ、雨の日も風の日も2008年の開業からの13年オーバーの5000日弱、気づけばあっという間です。。。

ロードサイド.JPG

----------------------------------------
実は以前当ブログにも書いたのですが、経年劣化によりあちこちに出ていた傷みの補修を年初に行いました。
看板の交換も選択肢に上がりましたが、なかなかの作業量と試算コストにより棚上げになってしまった案件です。

>看板塗装工事を行いました

ついに看板を掛け替えるのかと、開業当初には想像さえもしなかったことすからその感慨はひとしおなのですが、たった数ヶ月で現実のものになろうとは。。。

実は看板の交換自体には医療機器の購入のような、何か新しいことが実現するというような”前のめり感”はなく、動物病院の投資としての優先順位は決して高くはありません。

また、何かを買うというよりは創作するという案件ですから、デザインどうする?、大きさは?から始まり、光源(LED or 蛍光灯)、看板の素材(手作業のカッティングシート or 機械任せのインクジェット印刷)などの長所短所の判断、診療しながらどうやるか問題など事前のすり合わせの課題がどっと出てきます。

そんな状況で最後に背中を押してくれる何かモチベーションが必要なのですが。。。(中略)さまざまな紆余曲折の結果、何はともあれ工事の運びとなりました。

leader_sagyouin_woman.png
さて、設置工事当日になりました。

これから撤去されるだろう看板には、風雨に刻まれ錆が浮いた塗装であるとか、動物病院名のある色褪せてひび割れたシートであるとか。。。普段なら全く気にならないようなそうした傷みのひとつひとつにさえ、哀愁というか何やらかけがえのないものを感じます。

もう少し補修を重ねて使ってやりたかったなあ、などと今更感のある思いに駆られましたがもう後戻りはできません。

設置工事は新しい看板の搬入で始まりました。

設置予定の看板は撤去する看板より上下に20cm大きく、幅2.7m、高さ2mですから重さは100kgは下らない?ようで、近くで見ると見上げるような大きさ。。。新旧合わせて見るとサイズアップ以上に薄い色調の効果で新しい看板の方がより大きく見えます。
看板をデザインする際にはイラストレーターやPDFのデータのやり取りをPC上で行うのですが、いざ出来上がってみるとディスプレイ上では表現できない迫力感で眼前に迫ってきます。

設置工事は1日弱の予定で始まりました。

当院は年中無休なので、昼までの診療で患者さんの少ない水曜日の午後に決行です。

看板1.jpeg

まずは、古い看板の撤去です。。。
大きなものですから撤去するのも大変な作業です。すぐ横が国道14号の歩道なので周りに注意を払いつつトラックの荷台へ少しづつ移動していきます。

近くを通る車の車窓からは、何やら物々しく?アトラクション的に見えるようで、時折信号待ちの車の中のドライバーさんや子供たちが興味深そうに見ていきます。

看板2.jpeg

撤去後の空いたスペースに新しい看板を設置していきます。普段この場所からは看板に邪魔されて見えない青い空にキレイな松林にレア感を感じたりなかなか新鮮な気分です。

看板設置の際は外すときよりも、ズレずに周りを傷つけないようテキパキ見えるのですが、かなりの神経を使う作業のようで、タイムラプスの動画で見たくなるような?感じで進んでいきます。とにかく定位置に収めるのが難しい作業のように見えました。

看板3.jpeg

上の看板の設置がそろそろ終盤に入りました。

この際に下の看板の付け替えも同時に行われています。看板の名前の入っているFFシートをズレないようぴっちりと引き伸ばして貼っていく作業はかなり見ものでした。
何かをキレイに貼るというのはとにかく難しい、特にこんなに大きなものをズレなく貼り付けていく作業はスゴイものだと感じさせられます。

看板5.jpeg

日没までもう少し。。。なんとか作業終了です。
電気的なチェックと撤収作業を済ませて気づけば日も暮れていました。

何やら胸にぐっとくるよう感覚とともに撤去された看板をひとりで見送りつつ、お別れの一枚。何やら古参のスタッフを見送るような心境だったのかもしれません。
ただただ、おつかれさま。と周りには誰もいないのに自然に口に出てしまいました。

たかが看板、されど看板というお話でした。。。

最後までお読みになっていただいてありがとうございます。

看板4.jpeg

----------------------------------------
あいむ動物病院 西船橋
井田 龍

受付時間

受付時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場14台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する8台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ

過去のブログ