船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

AIM BlogあいむBlog

診療料金改定のお知らせ

当院では4月より、平日午後6時以降の診察料金の改訂を行っております。

18~19時の診察終了前の1時間診察における夜間加算として¥1000診察料とは別に加算されますのでご注意ください。

-----------------------------------
●この料金改定はもともと本年度4月1日から中小企業に課さた「働き方改革」による残業規制に端を発しておりました。
当院において今まで認められていた午後6時を超えての職員の就労が認めらないことと、それを補う人件費増を理由とするものです。

●また「新型肺炎」にまつわる世情から、本年度4月就職者の早期離職が相次いでおり、上記の理由に加えて診療制限を行わざるを得なくなっております。
-----------------------------------
この時間帯の人員減少を解消するための予約制限を行わせていただくことは、当院を選んでいただいている患者様の利便性に影響を与える可能性の大きい改定となり、誠に心苦しいものと考えております。

この変更により診療時間は現状の朝8時開始、午後7時までという体制は辛うじて維持しつつ病院機能の維持・発展をさせていきたいと思います。

皆様には不急のご来院の際はできるだけ、午後6時までのご来院にご協力をお願い申し上げます。

ojigi_nurse_man.png

スーパームーン

コロナウイルス感染症での外出制限、厳戒態勢の最中の令和2年4月7日夜半から8日にかけての雲ひとつない快晴の元、「スーパームーン」をみることができました。

スーパームーンとは、”いつもより明るい満月”のことです。月は地球の周りを楕円軌道を描いて回っており、地球と月の距離は何万キロというレベルで変動しています。つまり、この現象は月が地球に近い位置で”満月”となった時に生じます。

今回のスーパームーン、すなわち地球と月との距離が最も近くなるのは4月8日の午前11時35分です。今回はそれが昼間に起こりましたので、最大の満月の瞬間を見ることができません。
日本で観測できたスーパームーンは7日夜半〜8日の”日の出”前、昼を挟んで8日の”日没後”の満月です。

下の”白い満月”の写真が4月7日深夜3時、”オレンジ色”の方が4月8日、日没後の夜7時のスーパームーンの写真です。どちらもほぼ同じ大きさでとても明るい満月でした。
※月の色が違うのは空に登り切った満月と月の出直後の満月の色の違いです。

スーパームーン4:8.JPG

スーパームーン4:7.JPG

ここ数ヶ月余りで世の中がすっかり変わってしまいました。
自然現象は人間社会の都合などお構いなし、何が起ころうがまるで何事もなかったように繰り返していきます。
こうした人の手の遥か彼方の現象を見る度に、大自然の前で感染症ひとつで右往左往する我々人間の小ささを否応なく思い知らされます。。。

とにかく世の中が早く、今まで通りの平穏な生活を取り戻せますように願って止みません。。。

-----------------------------------
当院の過去ブログにスーパームーンの詳しい説明がありますのでご興味のある方は是非どうぞ。
>スーパームーン2018

お花をいただきました

患者様より華やかなお花のアレンジメントをいただきました。

この場を借りて厚くお礼申し上げます。

 

DSC_4967 - Edited.jpg

 

終息をみない新型コロナウイルスの影響下、閉塞感のある毎日ですが、患者様からいただけるお心遣いに、スタッフ一同心を癒やされ励みにしております。

世の中が激動にあっても、ペットの健康の不安は変わらず訪れるかと思います。このような時だからこそ、患者様に安心していただける変わらぬ獣医療を提供できるよう、より一層努めてまいりたいと思います。

獣医師のご紹介(循環器)

〜 循環器専門獣医師のご紹介 〜

当院では昨年2019年より外部の循環器専門医を招いて月に一回、診療日を設けております。

既に当院で行っている標準的な循環器診療に加えて、より高度な診断治療に関して、循環器専門医によるアドバイスを元にした対応を行うことができるようになりました。

現在の診断治療に関してご不安を抱いている患者様は当院獣医師看護職までお気軽にご相談ください。

-----------------------------------
〇見上 英樹(みかみ ひでき)

見上先生写真.jpg 

はじめまして、循環器業務を受託しております見上と申します。
私は犬と猫の心臓病を専門に診療および大学等で臨床研究を行なってきました。

・症状がまだ出ていないが治療を開始した方がよいケース
・治療を行っていても正しい種類、用量の服薬となっていない場合
・症状、治療の有無を問わず、必要な検査が実施されていない場合
以上のような患者さんを多数診て参りました。

適切な診断を行い、適切な時期に効果の実証されている薬を内服し、定期的に必要な検査を行う事は犬、猫達、オーナー様にとっても大切なことと考えています。

心臓病で苦しむ犬・猫の内科的治療による症状の緩和、生活の質の向上に全力を尽くして参りたいと考えております。

pet_echo_kensa_dog.png

新型コロナウイルスへの指針

当院の診療コラム
>「動物医療と新型コロナウイルス」

にも挙げておりますが新型コロナウイルスに対する動物病院のとるべき指針が出されていますので、注意喚起のためにブログにも挙げさせていただきたいと思います。
magnifier_animal_inu.png
-----------------------------------
当院の患者様や一般の飼い主様は下記をぜひご覧ください。

 WSAVA(World Small Animal Veterinary. Association)、世界小動物獣医師会という世界的な獣医師のグループがあります。

この組織がこのコラムの執筆時点で、2020年2月29日の最終更新日の声明を発表しています。この声明の日本語訳ページのリンクをお示ししますので、ご覧になってみてください。

「新型コロナウイルスと伴侶動物」

また、2月11日時点での「新型コロナウイルスと伴侶動物についてのガイドライン」を発表しており、獣医療関係者が下記の通り説明をするよう求めています。

◯十分に衛生状態を保てる限りは飼っている伴侶動物と一緒にいること 
◯ 猫は屋内にとどめておくこと
◯もし家族や友人で入院している者がいる場合は動物を預けに出すこと
◯ 不安がある場合は速やかに獣医師に相談すること

なお、ガイドラインに関する日本語訳ページのリンクは以下のとおりです。

>「新型コロナウイルスと伴侶動物についてのガイドライン

以上です。

ご不明な点は当院、獣医師までお願いいたします。

12周年を迎えて

令和2年2月11日、本日は雲ひとつない透明な快晴の空の元、暖かく過ごしやすい1日となりました。

「あいむ動物病院 西船橋」は今年も新たな「建国記念の日」を迎えることができました。

毎年やってくるこの祝日が当院の一年の始まりと終わりを告げてくれます。「建国記念の日」は、私たちにとっての「開院記念の日」でもある特別な祝日です。

お花0.JPG

お花0-2.JPG

本年度、当院は開業の2008年から数えて12年目を迎えました。

悠久の我が国の歩みには時間も、規模も遥かに及ばない小さな存在ではありますが、建国記念の日と歩調を合わせ、一年ずつその歴を重ねられることに感謝し、スタッフ一同それを励みとしています。

本年度も引き続き、地域の皆様のお役に立てるような動物病院運営に注力して参りたいと思います。

お花3.JPG

お花1.JPG

お花2.JPG

写真の素敵なお花たちは当院の患者様からいただいたものです。
この場をお借りして篤く御礼申し上げます。

----------------------------------------------
あいむ動物病院 西船橋
病院長 井田 龍
副院長 荒川篤堯
マネジャー 植草悠生
スタッフ一同

受付時間

受付時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場14台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する8台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ