船橋、西船橋にある動物病院です   診療内容 犬、猫、フェレット、ウサギ、ハムスター。その他の動物についてはご相談ください

あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋 あいむ動物病院 西橋

AIM BlogあいむBlog

新しい看板

長らく当院の”顔”として働いてくれた、当院ロードサイドのオレンジの看板を新装いたしました。
下写真、旧来の看板は14号線を西船橋駅方面へのおびただしい数の車両に、長らく当院の存在をアピールし続けてくれた、いわば”影の立役者”とも言える存在でした。

補修を重ねつつ、雨の日も風の日も2008年の開業からの13年オーバーの5000日弱、気づけばあっという間です。。。

ロードサイド.JPG

----------------------------------------
実は以前当ブログにも書いたのですが、経年劣化によりあちこちに出ていた傷みの補修を年初に行いました。
看板の交換も選択肢に上がりましたが、なかなかの作業量と試算コストにより棚上げになってしまった案件です。

>看板塗装工事を行いました

ついに看板を掛け替えるのかと、開業当初には想像さえもしなかったことすからその感慨はひとしおなのですが、たった数ヶ月で現実のものになろうとは。。。

実は看板の交換自体には医療機器の購入のような、何か新しいことが実現するというような”前のめり感”はなく、動物病院の投資としての優先順位は決して高くはありません。

また、何かを買うというよりは創作するという案件ですから、デザインどうする?、大きさは?から始まり、光源(LED or 蛍光灯)、看板の素材(手作業のカッティングシート or 機械任せのインクジェット印刷)などの長所短所の判断、診療しながらどうやるか問題など事前のすり合わせの課題がどっと出てきます。

そんな状況で最後に背中を押してくれる何かモチベーションが必要なのですが。。。(中略)さまざまな紆余曲折の結果、何はともあれ工事の運びとなりました。

leader_sagyouin_woman.png
さて、設置工事当日になりました。

これから撤去されるだろう看板には、風雨に刻まれ錆が浮いた塗装であるとか、動物病院名のある色褪せてひび割れたシートであるとか。。。普段なら全く気にならないようなそうした傷みのひとつひとつにさえ、哀愁というか何やらかけがえのないものを感じます。

もう少し補修を重ねて使ってやりたかったなあ、などと今更感のある思いに駆られましたがもう後戻りはできません。

設置工事は新しい看板の搬入で始まりました。

設置予定の看板は撤去する看板より上下に20cm大きく、幅2.7m、高さ2mですから重さは100kgは下らない?ようで、近くで見ると見上げるような大きさ。。。新旧合わせて見るとサイズアップ以上に薄い色調の効果で新しい看板の方がより大きく見えます。
看板をデザインする際にはイラストレーターやPDFのデータのやり取りをPC上で行うのですが、いざ出来上がってみるとディスプレイ上では表現できない迫力感で眼前に迫ってきます。

設置工事は1日弱の予定で始まりました。

当院は年中無休なので、昼までの診療で患者さんの少ない水曜日の午後に決行です。

看板1.jpeg

まずは、古い看板の撤去です。。。
大きなものですから撤去するのも大変な作業です。すぐ横が国道14号の歩道なので周りに注意を払いつつトラックの荷台へ少しづつ移動していきます。

近くを通る車の車窓からは、何やら物々しく?アトラクション的に見えるようで、時折信号待ちの車の中のドライバーさんや子供たちが興味深そうに見ていきます。

看板2.jpeg

撤去後の空いたスペースに新しい看板を設置していきます。普段この場所からは看板に邪魔されて見えない青い空にキレイな松林にレア感を感じたりなかなか新鮮な気分です。

看板設置の際は外すときよりも、ズレずに周りを傷つけないようテキパキ見えるのですが、かなりの神経を使う作業のようで、タイムラプスの動画で見たくなるような?感じで進んでいきます。とにかく定位置に収めるのが難しい作業のように見えました。

看板3.jpeg

上の看板の設置がそろそろ終盤に入りました。

この際に下の看板の付け替えも同時に行われています。看板の名前の入っているFFシートをズレないようぴっちりと引き伸ばして貼っていく作業はかなり見ものでした。
何かをキレイに貼るというのはとにかく難しい、特にこんなに大きなものをズレなく貼り付けていく作業はスゴイものだと感じさせられます。

看板5.jpeg

日没までもう少し。。。なんとか作業終了です。
電気的なチェックと撤収作業を済ませて気づけば日も暮れていました。

何やら胸にぐっとくるよう感覚とともに撤去された看板をひとりで見送りつつ、お別れの一枚。何やら古参のスタッフを見送るような心境だったのかもしれません。
ただただ、おつかれさま。と周りには誰もいないのに自然に口に出てしまいました。

たかが看板、されど看板というお話でした。。。

最後までお読みになっていただいてありがとうございます。

看板4.jpeg

----------------------------------------
あいむ動物病院 西船橋
井田 龍

超音波検査の品質向上

超音波検査装置を最新機種に更新いたしました。
(日立製作所:ARIETTA 750SE)

ARIETTA750SE.JPG
----------------------------------------
〜 機器の概要 〜
日立は1960年に世界で初めて超音波診断装置を開発、2014年には50年以上にわたって培ってきた技術と信頼の実績を集約したARIETTAブランドを発表しました。
ARIETTA 750」はシリーズの最上位機種の最先端の画像処理技術を採用したハイエンドモデルの超音波診断装置で、ヒト医療では病院レベルの施設で使用される機器です。

arietta750se_header.jpg

当院で導入したARIETTA 750は、同750シリーズに搭載可能なすべてのメーカーオプション機能を利用できる希少なフルオプション装備品です。動物医療ではまだ普及していない機能を数多く標準装備しています。
これにより「高画質化」だけではなく「診断補助機能の高性能化」によって、頻度の高い腹部超音波検査はもちろんのこと、診断補助機能を多用する循環器診療での心臓超音波検査、その他あらゆる部位の超音波検査の診断精度が向上いたします。

pet_echo_kensa_cat.png
----------------------------------------
超音波検査装置は体内(臓器)に向けて放射した超音波の音響反射(ソナー)を映像化することで内臓の状態を検査する装置です。
レントゲン検査が「X線放射」による体内の一瞬を切り取る写真画像なのとは対照的に、超音波検査は連続する超音波振動を可視化した「リアルタイム動画」での観察というイメージでお考えいただくとわかりやすいと思います。

近年の「デジタル化」による技術革新が最も目覚ましい分野のひとつであり、ARIETTA750もこうしたテクノロジーの恩恵を最大限に受けています。さらに超音波検査の進歩は装置の「高画質化」にとどまらず、様々な臓器やさまざまな疾患に対する「診断補助機能」や「ネットワーク化」による検査品質の改善にも及んでいます。
超音波検査機器の進歩が提供する、迅速でストレスの少ない検査環境は動物医療におけるさらに高いレベルの超音波検査を可能にしてくれるでしょう。

ARIETTA_3.JPG
----------------------------------------
あいむ動物病院西船橋

最新の血球分析装置

全自動血球分析装置を最新機種(日本光電:MEK-6550)に更新いたしました。
----------------------------------------

セルタック.JPG

血球計算」とは血液の中に含まれる「赤血球」,「白血球」,「血小板」等の血球成分を数える検査です。貧血白血病リンパ腫などの「血液がん」などいわゆる血液内科の病気はもちろんのこと、あらゆる病気の診断・治療をする上で、血球検査は欠くことのできない検査です。

こうした血球計算のための検査は医療現場では全自動となって久しく、最近では白血球の細かい種別分類も可能になり、より少ない血液量で短時間で正確な結果を出すことができます。
この機種は白血球4分類(好中球好酸球リンパ球単球)を含む血球計算の21項目に及ぶ検査結果を60秒で迅速に測定することができます。

セルタック2.JPG
----------------------------------------
あいむ動物病院西船橋

非接触決済に対応しました

決済はキャッシュレスからコンタクトレスへ。。。
当院のクレジットカードでのお支払いが非接触決済に対応いたしました。
----------------------------------------
当院では現金に加えてクレジットカードによるキャッシュレス決済を従来から行なっておりましたが、2019年度の消費税増税以降の国策としてのキャッシュレス決済化の流れに合わせてご利用可能な決済を順次増やし、現在に至ります。

決済の多様化と迅速化をその目的としていたキャッシュレス決済ですが、コロナ禍の現在では感染防止への対策強化の一環として、会計時の接触を最小とするような決済の非接触化という変化が新たに求められています。

こうした流れを受け、このたび当院で利用可能な全てのキャッシュレス決済非接触化(クレジットカード等の”タッチ決済”を含む)に対応いたしました。

----------------------------------------
2021年2月以降、新たにご利用可能となった非接触決済は下記の通りです。

● 非接触対応クレジットカード
 (
VISAタッチ決済、JCBコンタクトレスなど)
● Suica等の交通系電子マネー
● iD

タッチ決済.png 
-----------------------------------

ところでクレジットカードのタッチ決済とは、どのような”しくみ”なのでしょうか?
また、最近こうした非接触決済キャッシュレス決済をさらに加速させるとも言われておりますが、実際は?。。。

以下はやや余談気味ですが、興味はあるけれどどうすればいいの?という方はご覧になってみてください。ご自身のお買い物にも多少ご参考になるのではないかと思います。

一般にタッチ決済とは、下写真のように専用のリーダーに非接触決済に対応するクレジットカードやデビットカードを”タッチ”するだけで決済できる仕組みのことです。(写真は手元にあったQUOカードをクレカに見立てたイメージです)

発行枚数トップのVISAでは「タッチ決済」、他の国際ブランドのMaster,JCB,AMEXでは「コンタクトレス」とやや呼び名は変わります。(以下タッチ決済とします)

タッチ決済2.jpg

お手持ちのカードがタッチ決済に対応するかどうかはカードフェイスに記載されている、”Wi-fiの電波強度のような”マークがついているかどうかで分かります。
これから新規発行したり更新するクレジットカードにはほとんどがついていると思われますが、まずはお手持ちのクレジットカードを確認してみて下さい。

タッチ決済.jpg

また、同時に店舗等に設置されているカード情報を読み取る機器も下記のマークの付いた非接触決済に対応している必要があります。

タッチ決済4.jpg

タッチ決済は、SuicaEdyなどの電子マネーでの決済でお馴染みのやり方、端末にカードをかざすだけで決済が完了します。クレジットカードとは機器とのやり取りの通信規格が異なるのですが、決済の”作法”は一緒です。

支払いの際には例えば「VISAをタッチで!」などと声を掛けて頂いて、リーダー端末にカードをタッチして、もしくは近くにかざして決済を完了させます。

タッチ決済はカードを受け渡して端末を操作したり、サインの受け渡しを行う必要がないため、事業者も顧客も手間がかかりません。決済時間は半分程度で済みます。
さらに、カードを渡す必要がないためカード番号やセキュリティコードを盗用されるといった悪事を防げるため、カード決済自体のセキュリティ性もかなり高まるようです。

タッチ決済自体はもともと現在のコロナ禍を背景として作られたシステムではないようですが、三密回避の世の中、決済時での他者との距離の確保や接触時間の最小化、クレカの受け渡しそのものを断つわけですから、まさにこのご時世に”いいことずくめ”の決済方法ではないでしょうか。

index_img06.gifindex_img06.gifindex_img06.gif
------------------------------------
ユーザー、事業者、カード会社にとって三方良しのこのタッチ決済ですが、現在唯一と言っていい問題点は店舗側の対応カードリーダーの普及やクレジットカードでの非接触決済の認知度がまだイマイチなことでしょうか。

対応カードがだいぶ行き渡ったと思われる2021年初頭でも、いざタッチ決済で!と前のめりになってみても、お店側から”ムリですね。”と言われることはしばしば。。。
どう見ても対応端末なのに使えないという場合もあり、”JCB使えるのにアメックスがダメ”と言われるのと同じようなモヤモヤ感を感じさせられることも多いかもしれません。

実際、スーパーやコンビニでは広く利用可能な状態になりつつあるようですが、必要性はかなり高いと思われる(人間の)病院でさえも未だ普及は充分ではないようです。

このあたり、端末交換や手数料等のコスト増を強いられることや電子マネーほど認知度が高くないなど、特に事業者側の問題がまだまだ大きいと思われます。
このタッチレス決済、事業者側とユーザーのどちらの視点から見ても一旦使用したらやめられないと言わせるようなスマートなサービスだと思うのですが、いかがでしょうか。

まだ利用されていない方は日常のお買い物の際に、ちょっと気にしてみてもいいかもしれません。。。

creditcard_black.png
-----------------------------------
文責:あいむ動物病院西船橋
井田 龍

13周年を迎えました

令和3年2月11日木曜日、当院は設立13年目を迎えました。

花2.jpg

----------------------------------------
今年の「建国記念の日」は大きな移動性高気圧に覆われて、全国的に風も弱く穏やかに晴れがちの一日でした。当院のある千葉県船橋市でも寒空ながら、とてもよい天気で祝日を迎えることができました。

ところで、当ブログでは毎年毎年、”今年は何周年です。。。”、というネタをいろいろいじりつつ書いてまいりましたが、そういえば思い返すと建国記念の日のくだりで、冒頭で”晴天に恵まれて云々”と書くことが多いな、などとちょっと感じておりました。

もしかしたら、何か法則みたいなものがあるのだろうか?

あらためて過去ブログを見返してみますと。。。
2020年・〇晴れ
2019年・×雪混じり雨
2018年・〇晴れ
2017年・〇晴れ

という具合にやはり、過去4年ではかなり晴天率が高く75%!、今年を含めるとなんと80%にもなりました。やはり"気のせい"ではないようです。

では本当に「2月11日」の建国記念の日は晴れやすいのか?

というわけで調べてみると・・・

この建国記念の日、東京近郊に限ってみてみるとかなり晴れやすい日のようです。過去30年間遡って晴天率を見てみると、2月11日はなんと”80%!”の確率で晴れだったそうです。

よく10月10日や文化の日(11月3日)を晴れの特異日といわれるらしいのですが、実際には東京で晴れる確率は70%程度。。。つまり統計上は、建国記念の日の方がさらに晴れやすいそうです。
何かのイベントやお出かけの際はお忘れなく、2月11日に予定すれば失敗が少なくなるかもしれません。もちろん洗濯も捗りますね。(笑)

今年もかなり脱線してしまいました。。。

花3.jpg

----------------------------------------
毎年やってくるこの祝日が当院の一年の始まりと終わりを告げてくれます。「建国記念の日」は、私たちにとっての「開院記念の日」でもある特別な祝日です。

悠久の我が国の歩みには時間も、規模も遥かに及ばない小さな存在ではありますが、建国記念の日と歩調を合わせ、一年ずつその歴を重ねられることに感謝し、スタッフ一同それを励みとしています。

本年度も引き続き、地域の皆様のお役に立てるような動物病院運営に注力して参りたいと思います。

花4.jpg

花5.jpg

写真の素敵なお花たちは当院の患者様からいただいたものです。
この場をお借りして篤く御礼申し上げます。

花1.jpg
----------------------------------------------
あいむ動物病院 西船橋
スタッフ一同
 

新看護職のご紹介

DSC_5570_2.JPG

○加藤 公子(かとう きみこ)

------------------------------------------------

皆様、はじめまして。
2021年1月より当院にて勤務しております、加藤と申します。

私が生まれる前から実家に雑種犬がおり、兄妹同然に育ちました。
現在は、シルバーダップルのカニヘンダックスと暮らしております。

動物達とご家族様に寄り添った応対に、全力を尽くして参ります。
未熟者ではありますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

受付時間

受付時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場14台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する8台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋スタッフ