動物の病気

猫トキソプラズマ症

>猫のトキソプラズマ症とは?

トキソプラズマ症というのは数ミクロン程度の虫というよりむしろ細菌の大きさに近い原虫トキソプラズマ原虫(Toxoplasma gondii)が引き起こす全身感染症です。トキソプラズマ原虫は哺乳類や鳥類に広く感染する寄生虫(単細胞動物)の一種であり、豚肉や鶏肉、牛肉などの家畜の生肉や汚染された土壌や水を感染源として世の中に広く存在しています。
下の写真がトキソプラズマの顕微鏡写真で、緑色のツブひとつひとつが原虫です。

toxo.jpg

猫と人間を取り巻くトキソプラズマ感染のしくみは下図で(a.)~(f.)で示します。

toxo_fig2.jpg

上記の写真と図は国立感染症研究所のサイトから引用しています。
ー>「トキソプラズマ症」国立感染症研究所

猫や人間をはじめとする動物への感染の多くは筋肉など内臓の中に潜むトキソプラズマ組織シストに汚染された生肉などから感染する経路(e.)(d.)、もうひとつがトキソプラズマに感染した猫の糞便中に含まれる腸管型オーシストを口から摂取することです。(a.)(g.)
----------------------------------------------

腸管型オーシストによる感染経路は、糞便を介して猫から猫へ(g.)、猫から人間への感染源(a.)となるため、これが公衆衛生的な問題となります。さらにその原因が人間生活と密接な関係性を持つ猫であるということから、獣医療と人間の医療という異なる分野を横断する大きな問題となっています。

人間へのトキソプラズマ感染元には分かりやすくすると「食肉」と「猫の糞」の2通りが存在します。重要な点はどちらの感染経路でもトキソプラズマ初感染の妊婦さんであれば経胎盤感染(f.)によって、胎児に先天性トキソプラズマ症を引き起こす可能性があります。
つまり「妊婦とトキソプラズマの問題」はただ猫を遠ざければよいという問題ではないことを、まず最初に理解することが重要です。
----------------------------------------------

トキソプラズマは環境への強い抵抗性を持つ「オーシスト」としてネコ科動物の糞便中に排泄されます。1日程度でオーシストの中で「スポロゾイト」という形態に変化したトキソプラズマは、他の動物への感染力を獲得します。このスポロゾイトオーシストの中に潜みながら数か月以上の間、感染能力を保ち続けます。

感染に成功したトキソプラズマは体内で急激に増殖する「タキゾイト(b.)に変化してその数を増やします。その後、宿主の免疫により増殖が抑えられ、ゆっくりと増殖する「ブラディゾイト」に変化して、筋肉などで多数の組織シストを形成して潜伏します。(c.)そして、次の感染と繁殖のチャンス、つまり最終的に終宿主のネコ科動物に食べられてしまうことを待ち続けます。

下の3枚がトキソプラズマの形態変化を示す顕微鏡写真です。
左から順に糞便中にみられる卵状の腸管型「オーシスト」感染初期にみられる三日月型の増殖型「タキゾイト」被捕食者筋肉に形成され青い粒のように見えるブラディゾイトを多数含む「組織シスト」です。

toxoオーシスト.jpg toxoタキゾイト.jpg toxoシスト.jpg

写真は千葉県獣医師会のサイトから改変(拡大のみ)引用しています。
ー>「トキソプラズマ症」千葉県獣医師会
----------------------------------------------

猫とその他の動物での違いは糞便中に感染力のあるトキソプラズマオーシストを糞便中に排泄するかどうか、つまり繁殖できるかどうかです。自然界では人間をはじめとする中間宿主の哺乳類は食物連鎖の上でネコ科の動物に捕食されるという想定からか、トキソプラズマを繁殖してオーシストをつくれるのは終宿主のネコ科の動物に限られています。

トキソプラズマ症はネコ科の動物が深く関与する感染症ですから「猫に関わる病気」というイメージで語られること多いものですが、実際にはトキソプラズマに感染した猫が目に見える症状を出巣ことはほとんどなく、症状があっても飼い主さんが気付くことはまず難しいでしょう。
このため、猫のトキソプラズマ症は我々獣医師が治療対象とする感染症としてはあまりなじみのない病気のひとつです。

トキソプラズマ症は猫に起きる重大な感染症というより、むしろ猫から人間へと伝播する感染症という公衆衛生の上での重要性が強いため、人間の医療方面から問題とされる感染症です。
特に妊娠を予定している女性や妊婦さんとその胎児へ与える問題という点と、多くの女性との濃厚な接点を持つ猫との強い関係性から、通常の人獣共通感染症よりもかなりセンシティブな扱いを受けている問題です。

 

>人間の病原体としてのトキソプラズマについて

人間のトキソプラズマ症は典型的な「日和見感染症」のひとつです。日和見感染症とは通常の免疫力があれば感染を起こしていても症状を出すことがなく、病気や薬剤など免疫機能が低下している場合に発症する感染症のことです。
人間では、例えば後天性免疫不全症候群(AIDS)臓器移植を受けた患者さんなど、特殊な条件の元で重大な感染症として発症する可能性があります。トキソプラズマが関与する感染症としては脳炎肺炎などがよく知られています。

猫と人間を取り巻くトキソプラズマ症の重要性は妊婦さんがトキソプラズマ感染した場合に、胎盤を通じて胎児感染して流産先天性トキソプラズマ症などの重大な障害を起こす可能性があるという点にあります。実際に動物病院で受けるトキソプラズマに関してのご相談のほとんどは、妊娠する予定であるとか妊娠中の方からのものです。

人間のトキソプラズマ症の詳しい情報に関しては以下のリンクが参考になりますのでご覧ください。
ー>「トキソプラズマ症とは」国立感染症研究所

また、トキソプラズマについての分かりやすい説明、医療機関と動物病院にどのように相談すればいいか、という点に関しては下記のサイトがご参考になると思います。
ー>「愛猫の動物病院のかかり方」トーチの会

 

>猫のトキソプラズマ感染症の症状

トキソプラズマ感染した猫がなんらかの症状を発症することは少なく、多くの場合は無症状で経過します。発症があった場合には数日間の発熱リンパ節の脹れ、下痢を起こす程度のことがほとんどあるため、飼い主さんがそれと気づくことは難しいと思われます。

トキソプラズマは猫に初感染を起こすと腸管細胞内で激しく増殖するタキゾイトとなります。稀ではありますが、この急激な増殖が体内に波及して致命的腸管外トキソプラズマ症発症することがあります。肝臓などの中枢神経系が急速に侵され、特に免疫力の未熟な子猫が経乳感染胎盤感染を起こした場合には劇症腸管外トキソプラズマ症によってほとんどが死に至ります。

また、成猫であっても免疫の問題等によっては重大な慢性トキソプラズマ感染症が起こる可能性もあります。眼内に生じるブドウ膜炎が代表的ですが、その他に発熱体重減少元気・食欲低下てんかん様発作運動失調などの神経症状膵炎下痢など消化器症状黄疸など、多岐にわたります。
原因の特定が難しい、上記に示したような症状がみられる場合にはその原因のひとつとして慢性トキソプラズマ感染症を疑う必要があります。

 

>猫のトキソプラズマ感染症の診断

猫のトキソプラズマ診断には虫体の検出をする以外にはありませんが、実際にはどのような検査でも虫体そのものが検出できることは稀であり、これは症状が重い程難しくなる傾向があります。
トキソプラズマ症による下痢を起こしている場合には糞便中オーシストを見つけることでトキソプラズマ感染を疑うことはできますが、オーシストは近縁のコクシジウム類との外見上の区別が困難であり、目視による顕微鏡検査ではトキソプラズマ症を確定することができません。

----------------------------------------------

猫でも、人間と同様にトキソプラズマ抗体価検査を行うことができます。
妊娠を予定されているもしくは妊婦の飼い主さんから、愛猫のトキソプラズマ抗体価を依頼されることが時折ありますが、この抗体検査は飼い猫が数ヶ月前までにトキソプラズマの「感染を受けたことがあるかどうか」を確認するために行います。

トキソプラズマ感染症を「猫側の視点」からみた場合の妊婦さんへのリスクは以下のように解釈できます。
まず、愛猫のトキソプラズマ抗体陽性であれば、猫が初感染してオーシストを排出する可能性は妊娠期間中にはほぼないであろうと判断されるため、安心材料となります。
逆に猫のトキソプラズマ抗体陰性の場合には今まで感染を受けていないと考えるか、とても少ない確率ですが初感染を受けてまだ抗体価が上がっていないという可能性があります。どちらも同じ「陰性の猫」ですが解釈は異なります。いずれにしても「猫が感染を受けていないから大丈夫」ということにはなりません。
前者では妊娠期間中に猫が初感染してしまう可能性を孕みますし、後者では初感染が現在進行形でオーシストを排泄しているかもしれません。どちらも妊婦さんは愛猫との関係に注意を払う必要があります。

ある調査では妊婦の方の0.25%が妊娠期間中に人間のトキソプラズマ抗体陽転したというデータがあります。これは妊娠中のトキソプラズマ感染を示唆するものですから、こういったことが、おおよそ1000人に2人前後で起こりうるということです。この中に猫からの感染がないとは言い切れません。
----------------------------------------------

もちろん、猫自身に問題を起こしている病気の原因としてトキソプラズマ感染を疑う際にも抗体検査を行います。妊婦さんの検査の一環というかたちで、猫の病気の診断とは異なる使われ方をされることも多い検査ですが、本来トキソプラズマ抗体価の測定は猫の病気を見つけるための検査です。

ところで、トキソプラズマでは特に抗体検査は「病気を診断する」という意味ではその評価があいまいな側面を持ちます。侵入してきた病原体に対してつくられる抗体というタンパクを測定する検査ですから、一般的には感染してから陽性になるまでに数か月程度の時間のズレを生じます。トキソプラズマ抗体陽性という結果は感染が少なくとも数か月以上前にあったということを示します。

また、抗体価陽性の猫はトキソプラズマ感染したことがあるということを証明することはできますが、猫の症状の原因がトキソプラズマだという確定診断にはなりません。
このため、より正確には抗体検査を時間をおいて複数回行って抗体価の変化を評価する必要があり、手間も時間もかかってしまいます。つまり病気の診断のためにはその他の検査を組み合わせる必要があります。
----------------------------------------------

猫では慢性トキソプラズマ症として、眼内にブドウ膜炎を起こすことがよく知られています。ブドウ膜炎がみられる猫ではトキソプラズマはまず考えなければならない原因のひとつですので、トキソプラズマ抗体検査を行います。

抗体検査陽性トキソプラズマ症の疑いがある猫には、眼の中の眼房水をもちいた遺伝子増幅によるPCR法によって高い精度でわずかなトキソプラズマ遺伝子を検出して病原体が存在するという診断を行うことができます。
このPCR法糞便でも可能で、従来の顕微鏡による糞便検査とは比較にならない精度でトキソプラズマの有無を明らかにできるため、便検査オーシストがみられない場合や、発見されたオーシストトキソプラズマかどうかを診断することができます。

 

>猫のトキソプラズマ感染症の治療

猫トキソプラズマ症の治療はクリンダマイシンアジスロマイシンなどの抗生物質や、トリメトプリム・サルファ剤などの抗菌薬を使用します。
残念ながら、猫の体からトキソプラズマを完全に取り除いたり、オーシストの排泄を完全に抑え込む抗トキソプラズマ薬はありません。このため慢性経過をとるトキソプラズマ症再発を繰り返す可能性があります。

 

>猫のトキソプラズマ感染症の予防

猫は通常、トキソプラズマ初感染した後数日から10日程度にわたって糞便中オーシストを排泄しますが、その後に繰り返し排泄が起こるようなことは非常に稀です。ただし、2回目以降の感染を受けた場合にはその都度オーシストの排泄が起こることもあります。
しかし、実際にはオーシストの排泄をする猫は無症状なことがほとんどで、予測するのは初感染も含めて不可能なため、それがいつ排泄されているかは分かりません。

一般的にオーシストを排泄している間はトキソプラズマ抗体価陰性であり、その後に抗体価陽性になるとオーシストの排泄はほとんどなくなります。

また、猫はとてもきれい好きなため、グルーミングによって一週間以内に汚染された糞便ごとオーシストは除去されますので、通常は体表面に付着し続けることはありません。トイレの便はすぐに取り去るようにして常に清潔を保てれば環境中にトキソプラズマの汚染が起こることは少ないでしょう。

 

>人間を含めたトキソプラズマ感染症の予防

冒頭に記載した通り、人間へのトキソプラズマ症感染源としての猫がクローズアップされがちですが、人間へのリスクは加熱されていない肉類などを含めた汚染環境からの経口感染の重要性も高いため、猫からの感染リスクを含めて注意を向けなければなりません。

猫を含む人間へのトキソプラズマの症の予防には「環境中のオーシストの摂取を防ぐ」、生の肉類に含まれる「トキソプラズマ組織シストの摂取を防ぐ」ためのいくつかの注意すべき点があります。

〇オーシストの摂取を防ぐために
・生肉や、充分火の通っていない肉を猫に与えない。
・小動物などトキソプラズマの宿主を遠ざけ、猫に狩りをさせない。
・猫のトイレは毎日掃除し清潔にして、糞は残さず洗い流す。
・猫のトイレは定期的に熱湯で洗浄・消毒する。
・土いじりの際には手袋をつけ、その後はよく手を洗う。
・生野菜の摂取を避けるか、よく洗ってから食べる。
・子供が遊ぶ砂場や庭に屋外の猫を入れない、排せつさせない。
・生水を食品に付着させない。飲むときには必ず沸騰させる。
・オーシストを排泄させる可能性のある猫を抗トキソプラズマ薬で治療する。

〇組織シストの摂取を防ぐために
・生肉、肉製品は66度以上の温度で調理したものを食べる。
・生肉を扱うときは手袋をつけるか、調理後はよく手を洗う。
・生肉を扱った調理器具、食器はそのまま使用しない。
・生肉は、肉製品は調理前に3日間以上凍結する。
 

----------------------------------------------

文責:あいむ動物病院西船橋 病院長 井田 龍

2016.03.29

診療時間

診療時間

年中無休
平日は朝8時から診療します
※年末年始・お盆は診療時間が短縮になります。
※水曜日、13時以降は手術・処置のため休診です。

047-402-3700(予約制)

※ご来院前にご予約をお願いしております。
※緊急の場合でもご来院前にご連絡ださい。

>メールでのご予約、お問い合わせについて

千葉県船橋市西船1-19-28 朝日ビル1階
無料駐車場13台
駐輪場9台併設
病院前に6台と隣接する7台の駐車スペースがあります

駐車場

あいむ動物病院 西船橋フェイスブック

あいむ動物病院 西船橋スタッフ